■  ITエンジニアのためのアフィリエイト講座

 

文章を上達させる

個人の日記ならまだしも、他人に読んでもらうことを前提としたサイトでは、
読者がスムーズに読むことのできる文章である必要があります。
今回は、人に読んでもらう文章を書くにはどうすればよいかを考えてみます。

文章がうまくなる第一の秘訣は、まずは量をこなすことです。 いくら文章上達の参考書を読んだところで、急に上手くなるわけではありません。
良い文章をたくさん読む。そしてたくさん書く。
そして、時間をおいて何度も読み返し、本当にそれでよいのか、納得ができるまで繰り返し推敲しましょう。

以下、いくつかポイントをまとめます。

また、プログラミングなどの書籍で著名な結城浩さんのサイトに
「文章を書く心がけ」
「文章を書く心がけ2 ―― 書き始めれば、書ける」
という記事があります。とても分かりやすい文章を書かれる結城さんだけあって、大変ためになります。

文章術の本もいろいろ出ていますが、特にお薦めの書籍を3冊紹介しておきます。

■後藤式 文章の技術文章の基本が85のルールとしてきれいにまとめられています。具体例が「悪い例」「良い例」として挙げられているので、納得して理解できます。超おすすめ。

■ 「分かりやすい文章」の技術タイトルどおり「分かりやすい文章」を書くための18のテクニックが紹介されています。他書と異なるのは、お知らせ、お願い、報告など、その文章の「目的を達成する文章を書く」ということ。・趣旨を素早く伝える「構成の技術」・読む気にさせる「レイアウトの技術」・読み手を同意させる「説得の技術」・趣旨をスムーズに伝える「センテンスの技術」・文章をなめらかにする「推敲の技術」という章構成になってます。

■ 伝わるWeb文章デザイン100の鉄則帯には「究極のアクセスアップ術は"文章デザイン"だ」とありますが、Web及びメールマガジンに特化したテクニックを紹介しています。具体例が多く、2色刷なのでとても見やすいですね。


[ BACK ]